アナフィラキシーとエピペン

・アナフィラキシーはアレルギー症状の一種で、特に重篤なものを指します。

・アナフィラキシーかどうかは、症状や状況を詳細に医師に伝え、適切に診断することが重要です。

・過去にアナフィラキシー症状が出現したことがある場合には、エピペンの処方適応となります。

・エピペンは劇薬ですので、処方基準を満たした場合にのみ処方を受けることができます。

アナフィラキシーとは

1. 全身性の急激なアレルギー反応

アナフィラキシーとは、全身性かつ重度なアレルギー反応の1つで、急激に発症することが特徴です。

アナフィラキシーは、食べ物や蜂毒などアレルゲンと呼ばれるものを、

  • 口から摂取

  • 皮膚に接触

  • 注射や呼吸

によって体内に入り込むことで引き起こされる可能性があります。

2. アナフィラキシーの症状

アナフィラキシーで見られる症状には以下のようなものがあります。

  • 呼吸困難(呼吸促拍)

  • 血圧の低下

  • 意識の消失

  • 蕁麻疹(じんましん)

  • 皮膚が赤くなる

  • むくみ(口唇、顔面、首、咽喉がはれる)

  • 嘔吐、下痢

  • 腹痛

 

そして、2つ以上の臓器にこれらの症状が出た場合にはアナフィラキシーと定義されます。

 

たとえば、

  1. 全身に蕁麻疹が出て、更に呼吸が苦しい
    =皮膚+呼吸器系の症状

  2. 全身に蕁麻疹が出て、顔色が悪く、気分が悪い
    =皮膚+循環器系の症状

  3. 全身に蕁麻疹が出て、頻回に嘔吐し、腹痛がある
    =皮膚+消化器系の症状

といった具合です。

※消化器系に関しては注意が必要で、アレルゲンを摂取してから1回だけ嘔吐したなど、症状が軽微な場合はアナフィラキシーとは呼びません。

 

アナフィラキシーへの対処法

 

3. アドレナリンとエピペン

これらのアナフィラキシー症状は重篤なアレルギー症状であり、生命に危険が及ぶ場合がありますので、早急な対処が必要な場合があります。

重篤な場合には、アナフィラキシーショックという状態になり、急激に血圧が下がり心停止する場合もあります。

重篤なアレルギー症状が出た場合には、「アドレナリン」の投与が必要になります。

そのときに必要となるのが「エピペン」です。

 

エピペンは、ハチ刺傷、食物アレルギーなどによるアナフィラキシーに対する緊急補助治療に使用される医薬品で、アナフィラキシーを起こす可能性の高い患者が常備することで、発症の際に医療機関へ搬送されるまでの症状悪化防止に役立ちます。

4. エピペンの処方

ただし、エピペンは劇薬であるため、必要な患者さんに医師の適切な診断のもとに処方されるべき医薬品です。

エピペンの処方基準は、

  1. 過去にアナフィラキシーを起こしたことがある患者さん

  2. アナフィラキシーを起こす可能性が高い患者さん

と決められています。

②アナフィラキシーを起こす可能性が高い患者さんとは、「卵のアレルギーがあり、クッキーなどの卵が入っている加工品を少量食べただけでも、全身に蕁麻疹が出てしまう」ような患者さんのことを言います。

こういった方の場合は、卵自体を何らかのときに摂取してしまうとアナフィラキシーを起こす可能性が高いと判断できるわけです。

  • 過去に蜂に刺されて強く腫れた

  • 幾つかの食物アレルギーがある

  • 血液検査で幾つかアレルギー反応が陽性である

  • アトピー性皮膚炎がある

  • 気管支喘息がある

といっただけでは、エピペンの処方基準となりませんので、ご注意ください。

 

エピペンはアナフィラキシーには大変有効な薬剤ですが、劇薬でもあるため上記の基準を満たさない場合は処方いたしません。

不安だから処方してほしい、自費でいいから処方してほしい、と希望されても医師が処方することはできません。

 

また、過去に蜂に刺されたことがある場合は、一度、蜂毒の抗体検査を実施します。

抗体検査で陽性だった場合は、2回目以降に刺されると蜂毒に起因するアナフィラキシーが出現する可能性がありますので、エピペンの処方の適応になります。

ただしこの場合も、すべての患者さんに対して適応となるわけではないため、今後の生活の状況など医師とご相談の上、処方となります。

エピペンは劇薬ですので、アナフィラキシーに対しては有効な薬剤でありながら、危険な医薬品でもあります。

処方を受ける際には十分な使用方法の説明を受け、適切に使用することを心がけましょう。