抗インフルエンザ薬の予防投与について

​本ページは抗インフルエンザ薬(タミフル、イナビル)の予防投与に関するページです。インフルエンザワクチンの予防接種に関する最新情報は、インフルエンザワクチンの予防接種に関するご案内をご覧ください。

​予防投与に関するご案内

インフルエンザ感染予防を目的とした抗インフルエンザ薬の予防投与(自費)に関するご案内です。インフルエンザウイルス感染に対する予防内服に関しては、診察した医師の判断となりますので、ご希望の場合には、まずは、診療担当医師とよく相談いただきますようお願い申し上げます。

 

使用薬剤

キャップスクリニックにおきましては、予防投与としての抗インフルエンザ薬は、タミフルとイナビルを推奨しております。

予防投与の費用(自費)

予防投与は保険適応外となりますため、自費となります。インフルエンザウイルス感染に対する予防投与における診察料金は一律4,000円となります。

薬剤に関しては、別途調剤薬局で費用がかかります。

薬局によって異なりますが、薬局にて約5,000~6,000円の費用が掛かります。

診察料金と薬料金を合わせて、約1万円のご用意が必要になります。

  • 診察料金(クリニック):4,000円

  • 薬料金(調剤薬局):約5,000~6,000円

ご注意事項

予防投与の対象者

薬剤の添付文書上における予防投与は、「インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象」となっております。

  1. 高齢者(65歳以上)

  2. 慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者

  3. 代謝性疾患患者(糖尿病等)

  4. 腎機能障害患者

薬剤の安全性はある程度確認されておりますが、添付文書上にないご対象者への予防投与については、大きな副作用が出た場合、厚生労働省の「医薬品副作用被害救済制度」の対象外になる可能性があります。

処方を受けるご本人の受診

予防投与の診察も医師法に則った医療行為になりますため、医師法第20条により、無診察治療が禁止されております。処方を受けるご本人の受診がない場合には処方できかねますので、ご本人様の受診をお願いいたします。

処方箋について

保険診療分と予防投与の自由診療では処方箋を分けてお出しいたします。予防投与のみの診察の場合は処方箋は1枚ですが、その他の疾患の保険診療がある場合には、自由診療(予防投与)分と保険診療分の2枚になります。処方箋を分けてお出しする必要があるため、通常よりもお時間を頂戴する場合がございますので、ご了承ください。

予防投与開始時期

インフルエンザ発症者あるいはウイルス排泄期間(発症2日前から発症日まで)にある方と濃厚に接触した場合で、接触後48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与することが推奨されております。接触後48時間経過後に投与を開始した場合における有効性を裏付けるデータは得られていません。

 

投与中のインフルエンザの発症

予防内服中にインフルエンザが発症した場合には、医師の判断のもと、インフルエンザの感染時の「治療」を開始します。検査、処方の必要性は、診察した医師の判断となります。

予防投与量

【タミフル】

(1) 成人

 オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間、経口投与する。

(2) 小児

 通常、オセルタミビルとして以下の1回用量(2mg/kg)を1日1回、10日間、経口投与する。ただし、1回最高用量はオセルタミビルとして75mgとする。

【イナビル】

(1)成人

 ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。また、20mgを 1日1回、 2日間吸入投与することもできる。

(2)小児

 10歳未満の場合、ラニナミビルオクタン酸エステルとして20mgを単回吸入投与する。

 10歳以上の場合、ラニナミビルオクタン酸エステルとして40mgを単回吸入投与する。また、20mgを1日1回、 2日間吸入投与することもできる。

 

以上の内容を了承の上、予防投与を行っていただきますよう、お願いいたします。

ご不明点等ございましたら、クリニックスタッフにお声がけください。