​小児科と耳鼻科

どっちに行けばいいの?

 小児科、耳鼻科どっちに受診すればいいか迷われたことは、多々あると思います。そして、治療方針が違ってどっちのいうことを聞けばいいのかわからなくなってしまうこともあると思います。

 

 耳鼻科と小児科の受診を迷った際には、一度、小児科医に相談してみるとよいでしょう。耳鼻科受診が必要かどうかを小児科医の目で判断します。

こどもの特性を理解した診察が必要

お子さんが鼻水、耳痛、喉の痛みなどをを訴えたときに、耳鼻科と小児科のどちらを受診すればいいか迷われている方は多いと思います。中耳炎のように分かりやすい症状があればいいのですが、子供は上手に病状を訴えられないので、保護者の皆様で正確な判断をするのは難しいのが現実です。

 

まず、こどもの病気はウイルスや細菌感染を原因とするものが多いところが特徴です。

ウイルスや細菌に感染すると、鼻・耳・喉のほかにも、全身に症状が出る可能性があります。症状が出ているからだの一部分だけを見ても正確な診断が下せないことが多くありますので、わずかな兆候を見逃さないためにも、

  • 肺の聴診

  • 腹部の診察

  • リンパ節の腫脹の有無

といった、全身の診察が必要です。

また、こどもは症状をうまく言葉で伝えることができないため、医師や看護師がうまく症状を見つけだしていくことが重要となります。そのためには、こどもの特性をきちんと理解した医師、看護師による診察・看護が必要なのです。  

小児科医、小児科看護師は、幅広く小児に関する疾患を学び、トレーニングを受け実際の診療・看護を行っています。とくに、小児特有の疾患やどういう時に重症化しやすいか、そして年齢に応じた検査、治療法は何かということをしっかり見分けています。

こどもの症状をみるときには、耳鼻科、眼科、皮膚科などの先生と密に連携をとって診療をしていく必要があります。 皆様にも、耳鼻科や皮膚科で指導された内容と、小児科で指導された内容が異なっていて混乱されたことがあるのではないでしょうか。その理由が上記に示したことが原因なのです。  

 

鼻や耳だけのことを見れば、耳鼻科の先生が正しいのかもしれませんが、相手はこどもです。小児にはどのような特徴があるのか、そして、全身的な症状を加味してどのような治療法が適切なのかを考えて治療をしていく必要があります。また、こどもは発達段階によって感染・罹患する疾患も異なってきますし、行うことのできる治療も変わってくるのです。小児科医はそこまで考慮し適切な治療法を選択しているのです。  

 

そして、耳鼻科、眼科、皮膚科の専門的な処置が必要であったりする場合には、必ず適切な診療科にご紹介しております。 最終的に何科にかかるかは保護者の皆さんの判断になります。保護者の皆さんが十分に小児という特徴を理解し、治療法を選択していく必要があります。 何科にかかればいいかわからない場合には、小児のスペシャリストである、小児科クリニックにまず受診していただくことが、お子さんの適切な診断・治療につながると思います。