​風邪の治療と抗生剤について

​​風邪の症状と治療法

 

「風邪(かぜ)」はくしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛み・咳・痰などに加え発熱・頭痛・全身倦怠感・食欲不振などの全身症状があらわれている状態のことを言います(嘔吐や下痢などの胃腸症状がでることもあります)。

​風邪の原因はほとんどがウイルス

 

風邪の原因は80~90%がウイルスであり、残り10~20%が細菌やマイコプラズマ、クラミジアといった病原微生物による感染が原因です。病原微生物に感染した場合は抗生物質による治療が必要になりますが、ウイルス感染には抗生物質は必要ありません(※ウイルス感染による風邪でも、細菌感染を合併している場合は抗生剤の投与が必要になります)

​風邪を引き起こすウイルスは400種類以上

 

風邪を引き起こすウイルスとしては「パラインフルエンザウイルス」、「ライノウイルス」などが代表的ですが、それぞれのウイルスがいろんな型(カタチ)を持っていて、全部で400種類以上ものウイルスが風邪の原因となります。これほどたくさんの風邪ウイルスが存在するため、何度もかかってしまうのです。
 

「エコーウイルス」や「コクサッキーウイルス」などが原因の夏風邪も同様です。原因となるウイルスがたくさんあり、何度も同じような夏風邪にかかってしまうのです。特に、集団生活を始めたばかりの子供たちは、いままで風邪のウイルスにさらされていなかったところに、一緒に過ごす子供同士がいろんなウイルスを持ち寄ってしまうため、風邪ウイルスをもらい合い、風邪を繰り返してしまうのです。

「症状を和らげる薬+体力の回復」が基本

 

 すでにご説明したとおり、風邪の原因の多くはウイルスです。そして、ウイルス性の風邪には抗生剤は効果がありません。
しかし幸いなことに、ウイルス性の風邪のほとんどは子供たちがもつ免疫力で自然と治っていくのです。
そのため保護者の皆様は、子供たちが自分の免疫力で治りやすくなるようにサポートしてあげるのが治療の基本となります。

つらい症状を和らげる薬(痰を出しやすくする薬、咳を鎮める薬、熱を下げる薬など)を飲むことと、食事や水分を十分にとることで体力の回復を助けてあげましょう。
 

また、お子さんの場合にはうまく痰が出せずに気管や肺に溜まってしまうこともありますので、水分を多く取って痰を柔らかくする背中をかるく叩いて咳と一緒に出しやすくするといったサポートもしてあげてください。
 

ウイルス性の風邪に抗生剤は不要

 

ご説明してきたとおり、ウイルス性の風邪には抗生剤は必要ありません。
昔は、風邪をひいてから細菌感染を合併することが多かったため、予防のために抗生剤がよく処方されていましたが、現在では細菌感染の予防はできないことがわかっています。

「風邪をひいたので抗生剤を下さい」と来院される方もいらっしゃいますが、風邪の原因がウイルス性であることがほとんどであることを十分にご理解いただき、「風邪=抗生剤を飲む」という考えを見直していただければ幸いです。

 

また、風邪と診断されて抗生剤が処方された場合にも「本当にそれが必要なのか」を担当のお医者さんに尋ねてみるのもいいかもしれません。
抗生剤が必要ではないときに使用すると、抗生剤が効かないバイ菌が体に住み着いてしまうことがあります。そして、そのバイ菌が体に悪さをしたときは抗生剤が効かない状況になってしまいます。

 

日本の医療では諸外国に比べて抗生剤が乱用されています。適切な抗生剤治療を行わないと、将来的に抗生剤が効かない怖い細菌(耐性菌)を増やすことつながりますので、お子さんを守るためにも適切な抗生剤治療を受けていただきたいと思います。

 

抗生剤が必要なときとは?

 

細菌感染には抗生剤が必要

 

明らかに細菌感染が疑われる場合は抗生剤が必要になります。

 

たとえば、

  • 喉が赤くなり膿がつくような、溶連菌などによる化膿性の咽頭炎・扁桃炎のとき。

  • 細菌による気管支炎・肺炎

  • 初期はウイルス風邪であったものが、うまく痰などが出せずに肺や気管支に溜まり、そこに細菌感染がおこること(二次感染)による肺炎・気管支炎など

が挙げられます。

 

また、細菌の感染源となる場所が見当たらなくても、小さなお子さんの場合には尿道から感染する「尿路感染症」もあります。そのほか、重篤なものになりやすい「菌血症(血液中に細菌が入り込む)」もあり注意が必要です。症状が急激に悪くなり、髄膜炎を引き起こす場合もあるからです。

 

お子さんの機嫌が悪い、ぐったりして反応がわるい、顔色が悪いなど、全身の状態が良くない場合にはこういった細菌感染の可能性も考えられますので、医療機関までご相談ください。

抗生剤は最後まで飲みきる

 

お医者さんに抗生剤を処方してもらったら、用法と容量、内服日数を必ず守り、かならず飲みきるようにしましょう。

 

自己判断による抗生剤の内服や、中途半端に抗生剤の使用を中止してしまうと、抗生剤の効かない細菌(耐性菌)を作り出す可能性があります。

本当に抗生剤が必要なときに、その抗生剤が効かなくなってしまっている事態にならないよう、適切に診断を受け、抗生剤を使用しましょう。

 

キャップスクリニックでは、本当に抗生剤が必要かどうかを慎重に診察、そして適切な検査を行い、抗生剤を処方するようにしております。

風邪についてご心配なことがございましたら、診察の際にお気軽にお尋ねください。