耳垢はとったほうがいいの?

耳垢は掃除した方がいいの?

  • 耳垢は自然と外に出てきます。耳掃除は基本的には必要ありません。

  • 耳垢は鼓膜までの通り道を保護する役割もあります。

  • 耳の聞こえが悪くなるくらい耳垢が溜まっている場合には除去が必要です。

  • 鼓膜が見えないときには院内で耳垢を除去します。

耳垢はとったほうがいいの?

1. 無理にとる必要はない

よく小児科や耳鼻科に「こどもの耳垢をとってください」と言って来院される方がいらっしゃいます。

そもそも耳垢は、病院に行ってまで取り除かなければいけないものなのでしょうか?

答えは、「無理にとらなくていい」です。

耳垢というのは、耳の中の古くなった皮膚、分泌物の塊です。

これは、鼓膜に至るまでの耳の通り道を保護する重要な役割もあります。

そして、口を動かしたり、体位(姿勢や体の動き)によって、動いて自然と出てくるものなのです。

 

また、耳の中の皮膚は、奥から外へと、毎日少しずつ動いています。

耳の奥へ、耳垢が貯まらないようにできています。

特に、乾いた耳垢の人は、めったに掃除をしなくてもいいのです。

2. 耳垢を取り除くケース

ただし、以下2つのケースでは耳垢を取り除く必要があります。

  1. 耳の穴が耳垢でふさがってしまい、耳の聞こえが悪くなっている場合
    (めったにありません)

  2. 耳の奥にある鼓膜を観察するのに、耳垢で見えないとき

また、小さいころから自宅で耳垢をとったり、耳鼻科へ通って耳垢の除去を行ったりすると、耳掃除への恐怖感が強くなり、かえって耳の掃除ができる年齢が遅くなってしまう可能性もあります。

ただ単に、「耳垢が見えていて気になるから取りたい」という保護者のみなさんのお考えで、耳掃除を頻繁に行うとかえってお子さんのストレスとなる場合があるため注意してください。

キャップスクリニックでも、鼓膜が観察できない場合は、鼓膜が見える程度には耳垢を除去します。

しかし、耳の聞こえも問題なく、鼓膜の観察もできる程度の耳垢であれば、完全にきれいに取り除くまでは致しません。

完全にきれいに除去する行為は、外耳道を傷つけてしまったり、鼓膜を傷つけてしまう場合もあります。

耳の中に物を入れられることはお子さんにとって、とても怖いことです。

必要のない処置に関しては行わないことがお子さんを育てていく上で重要であると考えます。