おむつかぶれの原因

ケアのやり方

  • おむつかぶれの原因

    • おむつの中の尿、便が皮膚に長く接していることが原因で生じます。

  • どんな病気?

    • おむつの中の湿度が高くなると、皮膚が傷つきやすい状態となり、尿中の物質や便中の細菌などが炎症を引き起こしておむつかぶれになります。

    • また、蒸れた状態のままにしておくとカビが繁殖することもありますので、注意が必要です。

  • ケアは?

    • まずは予防が第一です。
      こまめにおむつをかえて、お尻を清潔で乾燥した状態に保つことが大切です。

    • 特に、赤ちゃんが便をしたときは濡れタオルや濡れティッシュなどで汚れをふき取ったり、座浴やシャワーで洗い流し、お尻をよく乾かしてからおむつをつけるようにします。

おむつかぶれの原因

 

1. 肌が尿・便と長く接すること

​おむつかぶれは、赤ちゃんのお肌が尿・便と長い時間接していることが原因で起こります。

おむつの中の湿度が高くなると皮膚が傷つきやすい状態になります。

そこに、尿に含まれる物質や便の中にいる細菌などが炎症を引き起こしておむつかぶれになるのです。

 

また、おむつの中を蒸れた状態のままにしておくとカビが繁殖することもありますので、注意しなければなりません。

2. おむつかぶれの予防

お尻が汚れてしまったら、まずはぬるま湯で洗い流してあげましょう。

そのあとは、柔らかい布でポンポンと水分を拭き取ってあげたり、ドライヤーの冷風で乾かしてあげるのが、赤ちゃんのお肌にとって刺激が少ないです。

できれば、お風呂でお尻を沐浴させてあげるのが一番良いかとは思いますが、保護者の皆様の手間などを考えると、霧吹きにぬるま湯を入れ、吹きかけて洗い流すのも良いかもしれません。

この時も、汚れを落とした後はしっかりと乾かしてあげてください。

おむつかぶれの治療

赤ちゃんがおむつかぶれになってしまったときの治療法をご説明します。

1. かぶれた部分に亜鉛華軟膏を塗る

まずは、む亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)という白い軟膏を患部にたっぷり塗り、尿や便が皮膚にくっつかないようにしましょう。

便が出たら、便をふきとり、白い軟膏が取れたところに再度軟膏を塗り、お尻全体が白い軟膏でカバーされる状態を保ちましょう。

そして、お風呂に入るときは全て洗い流し、再び軟膏を塗ってください。

これを3~4日続けると改善してくるでしょう。

2. 抗炎症作用のある非ステロイド系塗り薬を使う

炎症が強い場合は、非ステロイド系の抗炎症作用のある塗り薬を使用します。

3. 炎症が強い場合、ステロイドを短期間使う

さらに炎症が強く、治りづらい場合には、ステロイドを短期間使用することもあります。

4. カビが原因の場合、カビに効く抗生剤の塗り薬を使う

蒸れた場所にはカビが繁殖してしまう場合があります。

おむつかぶれの部分にぽつぽつと赤みのある発疹ができている場合にはカビの感染の可能性もありますので、そのようなときは医師にご相談ください。

 

お子さんの皮膚のトラブルはよく起こります。

日々のスキンケアが皮膚トラブルの予防と治療にとても重要です。