​ロタウイルスとは?

 ロタウイルスは、乳幼児の急性重症胃腸炎の主な原因ウイルスとして知られています。ロタウイルスに感染すると、2〜4日の潜伏期間(感染から発病までの期間)の後、水のような下痢や嘔吐(おうと)が繰り返し起こります。その後、重い脱水症状が数日間続くことがあります。発熱や腹部の不快感などもよくみられます。合併症として、けいれん、肝機能異常、急性腎不全、脳症、心筋炎などが起こることがあり、死に至る場合もあります。

 

 ロタウイルスは感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまいます。ふつう、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています。大人はロタウイルスの感染を何度も経験しているため、症状が軽くすむ場合が大半になります。しかし、乳幼児は激しい症状が出ることが多く、特に初めて感染したときに症状が強く出ます。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴が必要となったり、入院が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、40~50%前後はロタウイルスが原因です。

 このようにとても危険なロタウイルスですが、現在は感染を防止したり、感染しても症状を和らげるためにワクチン接種を行うことができます。しかしその推奨期間は短く、乳児のうちに接種しておかなければならないというデメリットもあります。

​【参考】ワクチンスケジュール表

 

 初めての予防接種となると、わからないことや不安なことも多くあるかと思いますので、そんな時は是非ご相談ください。『そもそも予防接種はなぜ必要なのか』『どのワクチンをいつ打つといいのか』『どのワクチンなら補助が出るのか』などお役に立てることも多くあると思います。

​ ご不明点、ご相談等ありましたらスタッフまでお尋ねください。