喘息の薬について

いつまで続ければいいの?
・予防を開始したら、3か月は続けたほうがよいですが、症状がなければ、延々と使い続ける必要はありません。
・こまめに喘息を評価し、現在の状態に最も適切な治療を選択することが大事です。こうすることにより、不必要な治療を防ぐこともできます。
・まずは、どの程度の間隔で発作がおこり、その発作の強さがどの程度か知る必要があります。
・つぎに、今受けている治療がどの程度なのかを理解してください。
・そして、現在の治療は効果があるのかを確認しましょう。発作が続く場合は、治療を一段階上げ、3か月以上落ち着いている場合には、治療を一段階下げていきます。

 「喘息の診断を受けて薬を飲み始めたけれど、いつまで飲めばいいのですか?」というご質問を保護者の方から受けることが多くあります。結論から言うと漫然と薬を飲み続ける必要はない場合があります。症状の頻度や症状の程度を受診のたびに評価して今の治療が適切なのかを判断する必要があります。大体治療を開始して、3か月後の状態を評価して今後の治療を増やすのか、減らすのかを決めていくことが、日本小児アレルギー学会が推奨するガイドラインに記載されています。
 症状がないのに何年も内服を続けることは推奨されておりませんし、必要もありません。今回は具体的に、喘息の治療をいつまで続けるのがいいのか、喘息はどのように薬を使ってコントロールしていくのかを解説します。
 第1段階から第4段階まで、一つずつ理解して、判定してください。お子さんの状態を正しく理解することが、喘息の適切な治療につながります。

1. 喘息の重症度

まずは、現在の喘息の重症度を評価することが必要です。

2. 治療ステップ

どのような治療を受けているかも本当の重症度を判定する上で重要です。

 

現在、喘息治療のどの段階にいるのかを判断します。
次に示す表から治療ステップの1~4のどの段階にいるのかを判断しましょう。

3.  本当の重症度を判定する

治療ステップがどの段階にいるのかと第1段階で判断した重症度を組み合わせ、現在の治療内容を踏まえた上での本当の重症度を判定します。

第4段階 喘息治療がうまくいっているかを判断します!

喘息のコントロールがうまくいっているかを評価し、それによって治療法を変更します。

 

喘息発作について以下の表の項目で評価します。

1か月間のコントロール状況を診察時に判断し、コントロール良好が3か月以上続けば、治療ステップを一段階下げることを考えます。

このときに、季節の変化や入院の既往、重篤な発作の既往などの将来的な症状の悪化も考慮して、長期的な治療計画を立てていきます。

まとめ


①お子さんの喘息がどのくらい悪いものなのか(重症度)を知りましょう。
②現在の治療法がどの段階にいるのかを確認しましょう。
③現在の治療が効果があるのか、医師と共に確認しましょう。コントロールができていない場合は、治療ステップを一段階上げ、3か月以上コントロールできている場合には、治療ステップを一段階下げましょう。

 

 こまめに喘息の評価をすることで、不必要な内服を防ぐことができ、現在のお子さんの状態にあった治療法を選択することができます!