プール熱とアデノウイルス感染症

プール熱の原因・症状

アデノウイルス感染による夏風邪

プール熱は「咽頭結膜熱」とも呼ばれ、アデノウイルスが引き起こす風邪の1つです。プールでの感染が多く見られることから、日本ではプール熱とも呼ばれています。例年、6月頃から感染が増え始め、7月~8月をピークに流行することから、保護者の皆様はヘルパンギーナとあわせて夏風邪として耳にされていることがあると思います。(流行は夏ですが、プール熱は1年を通して感染します)。

【参考】ヘルパンギーナと手足口病

プール熱(咽頭結膜熱)の主な症状としては、

  • 発熱

  • 喉の炎症

  • 目やに

  • 目の充血

  • 頭痛

  • 悪寒

  • 食欲不振

などが代表的です。

 

熱が出て、頭痛、食欲不振、だるいなどという症状と咽頭炎による喉の痛み、結膜炎にともなう目の充血、目の痛み、目やになどの症状が出て、3~5日間ほど続きます。

プール熱は、アデノウイルスに感染することで発症します。くしゃみによる飛沫感染や、直接ふれる接触感染でもうつります。プールを通じて感染することでプール熱と呼ばれます。プールに入ったあとは、目や体をよく洗うようにしましょう。

​こどもがプール熱に感染したら?

水分補給と解熱剤などの対症療法

プール熱(咽頭結膜熱)を根本的に治療するお薬はないので、こどもの自己免疫力で回復するのをサポートしてあげましょう。

発熱は5日ほど続くことがあるため、脱水を起こさないよう、経口補水液などで水分補給したり、高熱による不快感を和らげるために解熱剤を使用しながら、こどもの免疫力で治るのを待ちます。

個人差はありますが、早くて1週間、長くても2週間くらいで症状は治まります。

症状がなくなって2日後から登校できる

プール熱(咽頭結膜熱)は、学校保健安全法における"学校感染症"に当たりますので、発症した場合には出席停止となります。

症状がなくなって、2日後から登校できるようになります。

目の症状がなくてもプール熱?

熱と喉の赤みだけでは該当しない。ただし症状の変化に注意!

症状が喉の赤みと発熱だけという場合、プール熱(咽頭結膜熱)というのかどうかという点です。

感染症法によれば、プール熱(咽頭結膜熱)とは

「診断した医師の判断により、症状や所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下の2つの基準をすべて満たすもの

  1. 発熱・咽頭発赤

  2. 結膜充血

上記の基準は必ずしも満たさないが、診断した医師の判断により、症状や所見から当該疾患が疑われ、かつ、病原体診断や血清学的診断によって当該疾患と診断されたもの」

と定義されています。

したがって、感染症法の定義からすると、熱と喉の赤みだけでは咽頭結膜熱(プール熱)ではないということになります。

この場合には出席停止にはなりませんし、症状改善時の登園、登校許可書は必要になりません。

 

とはいえ、病気というのは時間の経過とともに変化します。

診断した時に熱と喉の症状だけでも、その後、目の症状が出ることがあるので注意してください。

​アデノウイルス感染症って?

病態は感染者によってさまざま

プール熱(咽頭結膜熱)を引き起こすアデノウイルスですが、現在約50もの種類があり、A~Fの6つに分類されています。それぞれのウイルスに番号が付けられていて、ウイルスの種類によって引き起こす症状が異なります。くわえて、感染した個人の状態によってどのような症状が出るか変わります。

 

潜伏期間は大体5~7日間で、感染の経路としては、唾液、便、直接接触などです。免疫が付きにくく、種類がたくさんあるため、何回も感染する場合があります。

 

アデノウイルスに感染すると、

  • 肺炎

  • 上気道炎

  • 咽頭炎

  • 咽頭結膜熱(プール熱)

  • 流行性角結膜炎

  • 出血性膀胱炎

  • 腸炎

など、様々な病態を引き起こします。